帰って来た!!

またしても母ちゃんのPCがイカレポンチ。

母ちゃんのタブレットは先日父ちゃんがコンクリートに落として壊し、スマホでチマチマ…。





さてさてMくんママと連絡が、先週アップした2日後に取れました。

母ちゃんが留守電に何度もメッセージを入れて折り返してくれたんだが、彼女の第一声を聞いた途端


違和感を覚えた


なぜなら彼女の声が


普通に明るい


もしこれが母ちゃんの立場だったら、毎日心配で心配で食事は出来るだろうけど寝れない日々を送り、あんな元気な声は出ないと思う。



何を聞いても


大丈夫
私達は大丈夫だから!!
心配しないで




IDを見た時に職場からだと分かって、それは無理に話せない状態であるのかも・・・と思い会話を打ち切り父ちゃんに話、その後父ちゃんが電話をしてもっと踏み込んで話した。



逮捕劇があった際Mくんママが不在の時だったらしく、他の度重なる父親の行為があると言い、更に


私は何をどうすればMがよくなるのか分からない…
私に全ての責任がある
私の育て方が悪かった



そう言ったのだ。


Mくんは15歳、チャーとは3か月しか違わないが、チャーの1年前はそれはそれはホルモンの影響で父ちゃんとの喧嘩が絶えなかったし、恐らく普段優しかったMくんがホルモンの影響で怒りっぽくなり、それがMくんママには人格が変わったと思わせたのではないかと思うと当時に、彼女の生活状況を聞いたら、毎朝4時に起き、朝ごはんと昼ごはんを作り出勤し、帰って来たら夕ご飯と家事などをして毎日殆ど寝ていない状態である事も分かった。


そしてそれはチャーの親友MMくん(同じMくんで区別がつきにくい為MMくんとしました)のママが裁判所へ提出した手紙を見せてもらって分かったのは、父親が変な宗教にはまってからだと言うのも分かった。


その宗教は


祝い事(誕生日やクリスマスなど)を一切しない
日が出ているうちだけ行動する
などなど




その中には子供への暴力も



場合によっては致し方ない



なので日が沈んだら家に入れてもらえずMくんは外で寝てたり父親と喧嘩になるとお腹を蹴られたりって事も多く、これがここに来てMくんが自分の身を守る為の行為が父親に怪我をさせてしまってこのような結果になってしまった。



そして更には、ある日学校から帰って来たら置手紙があり


妹に雪を見せたいから旅行に出る


そうあってMくんは置いてけぼり。


この雪旅行についてはチャーから聞いており、Mくんちにはワンコがいるので、母ちゃんはてっきりワンコのお世話の為に残ったんだと思い込んでたのだ。

なぜなら我が家でもニコの遠征で宿泊になる時、チャーは同行したくないしワンコの世話をするからと納得した上で、おばあちゃんに様子を見てもらいながら過ごす事があるから。

でもMくんの場合は先に知らされてもいず、旅行にはワンコも連れて行き、完全にMくんは除外されていたらしい。

Mくんママは?


日頃の行ないの罰として


そう父親に言われたらしく、自分は残ると言っても、無理矢理な状態で連れて行かれたとな。







我が家も先日裁判所へ我々が知っているだけの事を書面にて提出。


ある日学校行事で帰りが夜9時くらいになった事があり、Mくんはうちで送る事になってた。

夜9時・・・日没はとうに過ぎ、家のドアが閉まってた時にMくんが言った言葉は



カギがかかってるからポーチに行かなくちゃ・・・



これは父ちゃんも母ちゃんもポーチから家に入れると思い込んでたが



今夜はポーチで寝なきゃ



だと知った時には唖然とした。



その後だったと思うがこんな事を言ってた事もあった。


いいなぁ家にカギがかかってなくて



これは父ちゃんだけが聞いた言葉だけど、その時すごく違和感を覚えた父ちゃんは、なぜもっと深く聞かなかったんだろう・・・と後悔している。

勿論鍵はかけているが、この場合の意味は締め出されなくて…と思う。






もう一家族も裁判所に手紙を出した。

その家のKくんママと話したのだが、ある日学校で必要性があり、KくんはMくんに少額を借りた。

それを返済しに行ったら父親が出て、Mくんが不在だと言われたきり。

これが数日に渡ってあった。

腕に結構なアザがある場合もあった、などなど。





手紙はそれぞれファックスにて提出し、その後向こうから電話が来たりで、それが効いたのか昨日Mくんはお咎めなしで釈放され、Mくんの選択により当面はMMくんの家に住む事となり、昨夜はMくんと我々三家族と近所のもう一人仲のいい子でピザとケーキでささやかにお祝いした。


夕べMくんママと2人きりで話す時間もあり、本音を色々と話してくれた。


Mくんママは台湾人、母ちゃんは日本人。


世間体を先に考えてしまった
身内の不祥事は隠すべきだと思ってしまった
Mくんが拘束されている間、身を切られる思いだった
スクールバスを見ては涙が出、彼の部屋に入っては少しでも彼の存在を感じたかった
家族を守りたかった
こんなにもサポートしてくれる人が身近にいるとは思わなかった



などとか、父親のMくんに対する拒絶振りなども語ってくれたが、ただただ驚くばかりだった。

そんなMくんママに母ちゃんは


Mくんがそれだけいい子だったから、Mくんが私達を動かした
そんなMくんを育てたのはあなただよ
あなたは素晴らしい母親なんだよ



そう言ったのだ。




昨日火曜日が釈放予定と先週末にMくんママから聞いていたが父親が


Mくんが家に戻るのを拒否
拘留を望んでる



なのでMMくんの家にこれから住む事を父親は知っているし、その事について恐らく父親は文句は言って来ないだろうと推測してる。


今日からハイスクールに戻る為、再度レジストをする為に父ちゃんがMくんママに付き添い、校長先生にMくんママを会せて、今後の緊急連絡先はMMくんと我が家、学校からの連絡は一切自宅には行かないよう手続きをし、この3週間分の補習をしてくれるよう段取りもし、幸いにもIBプログラムにも戻れるようになって取り敢えずMくんの事は心配ないが、今度は父親の番だな。


虐待の可能性があると少年裁判所から児童虐待の方にレポートが行くとは限らないようなので、今度はそちらに手紙を送ったり、Mくんママご自身も今までの事を正直にレポートすると決めたので、これで父親にカウンセリングや脳の検査を行って欲しいが、本人は自分が正常だと思っているから難しいだろうな。



そしてこの日はショックな話もありました。



<続きを読む>に書きますが、Mくんにお帰りなさいの  をお願いします


いつも応援、本当にありがとうございます
感謝してます!!


ブログランキング・にほんブログ村へ
 


FC2ブログランキング
2015-06-21 043 (38) (Mobile)








Mくんが逮捕されたのは約3週間前、ちょうど母ちゃんとニコが日本から帰った日だったとの事(母ちゃんは2週間前だと勘違いしてた)。


その頃夕べ一緒だったもう一人の近所の仲良しの子Bくんママがこの世を去ったと。


チャーはその話を聞いてはいたが、母ちゃんとニコが帰って来てニコのバスケも始まり、通常のリズムに戻ったところでMくんの話を聞き再び落ち着かなくなってしまって、それでチャーは話すタイミングを逃したらしい。



Bくんには26歳になるお兄ちゃんと双子の妹がいて、父親はハイチの出身で、お手伝いさんでよく真面目に働く奥さんを見初めて結婚し、アメリカに移住した。


Bくん家族と知り合ったのはチャーがキンダーになってからで、双子のBs(妹もBちゃん)は1学年上だったのだ。


共働きの両親に代わって、当時ハイスクールだったお兄ちゃんがBsをお迎えに来てて、まだ3歳だったニコはバスストップでよくお兄ちゃんに相手してもらったものだ。


彼らのママは映画やテレビで見るような黒人ママそのものな人で、体もでかくて陽気で肝っ玉母ちゃん。



2年前に自分がガンである事を知り、家族には一切知らせず、職場で倒れてその時に家族は彼女がガンである事を知ったのが金曜日。

その4日後の火曜日に息を引き取ったと言う。



Bくんは 


なぜママは僕達に言ってくれなかったんだろう
言ってくれればもっと時間を大事に共有出来たのに
もっと・・・もっと・・・



そんな風に言っていた。

母ちゃんが父を亡くした時、義父を亡くした時も『もっと・・・もっと・・・』と思ったし、それは今でも思っている。




母ちゃんはMくんが帰って来て嬉し泣きをし、同時にこの悲報に泣いてしまった夕べでした。
スポンサーサイト

テーマ : 海外で育児
ジャンル : 育児

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こちらも読んでいて、喉が詰まりそうになりました。
でもMくん戻ってこれてよかった。

お父さんがちゃんとセラピーを受けてくれて、何とかM君にとっても平和に暮らせる環境が早く来てくれると良いですね。 

人間の命のはかなさ、そして尊さを最近身にしみて感じています。

No title

重い・・・重いな、どちらの話も・・・(涙)
M君のことは、reeさんたちのサポートで少しでもよい方向に向かっているようで安心しました。複数の家族がM君のために色々行動を起こしてるってところからも、M君の人格が伺えます。まだこれから一悶着も二悶着もあるだろうけど、頑張って!
M君ママは何故M君パパにNOと言えないんだ?と思ってたら、台湾の人でしたか・・・アジアの人たちって世間体を気にするところあるもんね。それを言い訳にしてはいけないけど、彼女の姿勢が変わるといいね。

取り敢えずM君が戻ってこられてよかった!!reeさん達のサポートのお陰だね。DVには第三者の助けが必要だって聞いた事あるから救われてよかったよ。後はMママが行動に出て上手くいく事を祈ってます!宗教って手強そうだから心配…(>_<)
B君ママ、悲し過ぎます。ご冥福をお祈り申し上げます。

No title

台湾育ちの女性と言うのもあるんでしょうね。

そうやって reeさんたちが話し 指導? をしてあげる事で彼女もものの見方を変えていくかもしれませんね。

m君パパも 良き事としてm君にそのような事をしているかもしれないんですよね。
彼の目を覚まさせる事でしょうか。

いつか 一つの家族としてうまくやっていけるようになる事を祈ります。

B君ママ、、、家族に負担をかけたくなかったんでしょうかね。
年頃の子供たちの心が1日も早く癒されますように、、。

No title

なんとショッキングな…
先月の入院中、同じ病棟や病室に婦人科系のガンと思しき患者さんがたくさんいて…それ以来私もついついいろいろと考えてしまっています。もし自分がなってしまったら…で一番に浮かぶのはやはり子どもたちのこと。
Bくんママ、どんな思いで2年間過ごしてきたのかな………
ご冥福をお祈りします。

Mくん、まだまだ問題は山積なれど、とりあえず逮捕前よりは状況が好転しそうで少しホッとしました。
reeさんたちのサポート、素晴らしいです。
何もできませんが、心からMくんの明るい未来を願っています!

こんばんは

すみません、一生懸命読んでいますが、母ちゃんの想いがもうひとつ伝わってきません。

再度、上から読み直します。

父ちゃんと母ちゃんにMM君のご家族も逮捕されたM君のことを思ってのことだとは思いますが、
外でどれだけ支えてたり応援してもなんだかM君にいい結果がもたらされるとは想像できないです。
むしろ、他の家がサポートすればするほどM君の父親は硬化する気がします。

M君の父親の価値基準が全く世間一般と違うのだからM君は父親に従うか、父親に出て行ってもらうか、M君と彼の母がその家を出るかしか解決の方法はないように想像しました。

もちろん、そんなことも簡単に運ぶ分けはないとは思います。
だけど家庭というひとつのユニットがあるとするならば、他人の介入は難しすぎる気がします。

言っていることが的外れかも知れませんが、私にはそう思えました。

B君ママには残念なことでしたね。
ご冥福をお祈り致します。

何が正義か。。

アロハ~!
本当に、何が正義かわからなくなりますね。
裁判所も、父親の一方的な話を真に受け、母親も洗脳状態。。
アビュースされてるのは、M君なのに、なんの味方もなく、本当に切ない気持ちだった事でしょう。
このM君、状況に自分を慣らして、受け入れてしまう子でもあるんでしょうね。。
それでも、我慢できなくなって、反撃に出たら、周りは敵だらけ。。
考えただけでも、切なくなります。
reeさんたちのヘルプが、どれだけ彼の将来にも、つながる事か。。
良い方向への導きとなるよう、心から応援しています。
今日、国連の日本政府に対する、報道規制の調査委員会のアメリカ人の調査員の記者会見見ていて、M君の事、思いだしてました。
一つ曲がった方向に、話が進んで行ってしまうと、同じことでも、こんなに違った見方をされてしまうんだとびっくり。
国連の、日本に対する人権守れ~!のプレッシャー、まさに日本がM君、国連調査員がM君を裁く裁判官、父親が反日○翼です。
B君のお母さんの事も、ショックですね。。
治療という道はなかったんでしょうかね?


mimiさん

これからが大変だとは思うんですけど、戻って来れて本当によかったです。

検査だけでも受けてくれればいいけど、難しいと思うんですよね。
兎に角今の状態では父親の元には戻せません。

怪人さん

Bくんママの事は驚いちゃったしショックでもあるし、チャー、こう言う事はタイミングを考えないで早く言えよ!!です(苦笑)
Mくんの事は父親が元凶であり、彼がドクターに行くなりしてくれればいい方向に向かうと思うけど、恐らくそれはないと思うので、まずは虐待があるとの事をリポートし、法にMくんを守ってもらうしかないと思うので、Mくんママの行動がこれから重要になるよね。
うん、だから私と2人にちょっとなった時にMくんママが本音を語ってくれたの。
MMくんママも、母親なのに・・・って疑問があったから、これについてはアジア人の世間体を気にしたり、事実を恥ずかしいと隠したりって特徴を説明したわ。

Qちゃん

私達が彼らの為に出来るのはここまでかなぁ~。
今後はMくんママが頑張らないといけないと思う。
宗教が絡むと難しいから、まずは父親から法によってMくんを守ってもらう方法だと思うわ。
Bくんのおうちには金曜日にでもお見舞いに行くよ。
悲しすぎる・・・。

イジーさん

多分この世間体を考えて隠す、ってのは私の母の世代がそうですね。
どうにもならない時に「助けて!!」って言うのも大事な事なんだよ・・・とも話しました。

宗教絡みだし、それ以前にMくんを拒絶しちゃってるんですよ。
そこが変わらない限りどうしようもないと思います。

私もそうかな・・・と。
Bくん家族、従弟家族も含めて10人くらいで住んでるんです。
黒人一家で、恐らく治療による金銭的負担も考えたんではないか、と。

ふうりんさん

私もねぇ数年前に親しい友人をがんで亡くし、その時にしみじみ自分の命と言うものを考え、やはり子供達の事が一番先に浮かび、あぁこの2人がせめて高校を卒業するまでは元気でいなくちゃいけないな、って思いました。

恐らくMくんはこれから大変だと思うんですよね。
でも虐待があったと分かったので、前進はすると思います。
ありがとうございます。

小父さん

小父さんのおっしゃる事も一理あると思ってます。
特にMくんの父親に関しては。

最近では日本でも児童虐待については大分対処がよくなって来たと思いますが、ここでは子供を守ると言うのは日本の何倍も先を行ってます。

今回我々が行ったのは家庭を・・・ではなく、Mくんは義務教育であるハイスクールを父親に退学させられ、ちなみにこちらではホームスクーリング制度があるので、それを行うって言えば学校に通う必要はありません・・・その学業を続けられるようにが第一。

そして虐待があり、父親はMくんを拒絶している為、父親の元に戻らず生活出来るようサポートしました。

虐待に関してはMくんの母親が今後リポートし、次の段階は法で守ってもらう事を考えてます。

小父さんは他人の介入は難しすぎる・・・とおっしゃいましたが、今回のような場合介入しないと虐待はどんどん酷くなりますし、一家相倒れになると思います。

今回は我々が介入する事によってそこから抜け出せる・・・と思ってます。

モリオリママさん

今回Mくんママと話したら、洗脳と言うより、アジア人のダメな部分が出ちゃったような感じでした。
この先はMくんママが虐待があった事をリポートするので、これからが大変だと思います。
受け入れる・・・う~ん・・・我慢しちゃうタイプですね。
俺の言う通りにしないと妹や母親に死ぬまで会わせない、と父親に言われたとも。
私達が知っているMくんは本当に真っすぐで素直でいい子。
逮捕は好ましくはありませんが、この事によって虐待が表面に出たので、もしかしたらよかったのかもしれません。

私も治療の道は・・・がん発覚から2年だったら、分かった時点で治療すればもしかしたら・・・とも思いましたが、まず黒人一家だと言う事、Bくんママは人には教育が大事だから、3人とも絶対大学まで行かせる、と常々おっしゃってたので、金銭的な事を考えたんではないか?と思います。

No title

٩( 'ω' )و こんばんわ

わぁ~~良かったね~~~( *´艸`)
まだ安心できない状態だと思うけど
みんなの想いが伝わって、ママさんも
勇気をもってくれるといいねヽ(*'-^*)。
サポートも大変だと思うけど
reeさんも無理がない程度に頑張ってね。
幸せな未来が来ることを祈ってるわ^^

(●´・∀・`)ノ"βyё-βyё☆凸

ありちゃん

取りあえずは学校に戻れたのでよかったよ。
これからが多分大変になると思う。
Mくんママも虐待があったとリポートする予定でいるし。
いい方向に向かうといいな。
ありがとう。

凸もいつもありがとう!!

No title

M君、帰ってきてよかった。
そして、父親の元にもどらず生活ができるようになってホッとしました。
M君のお父さんもよい方向に向かってくれるといいけど・・・宗教がかかわってくると難しいですね。

そして、B君ママのこと。
自分が病気になったらちゃんと伝えられるかな。
考えちゃいました。

No title

Mくんのことはなんとか道が開けそうでよかった。
ただ、Mくんは心配してるだろうな〜。家族のことを。
Mくんのためには家を離れた方がいいけど、それでは問題は解決していないもんね。

それより気になったのは亡くなられたお母さん。
診断されてから2年ってことは治療すれば治った可能性高し。
それをしなかったという選択はやはり金銭的な問題?
reeちゃんもそう思っているみたいね。
お金がなければ治療受けられず死ぬしかないって、どう考えてもアメリカの保険制度間違っている!!!
国に殺されたようなものよ!

こんばんは

1st終了時が2対2で、終わってみれば35対6とは。
タンパベイインフェルノは反則が多いのはまともに勝負できないからかな?(笑)


なんだかニコちゃん、のびのびとやっているみたいです。

ありゃありゃ、ニコちゃん大変でしたね。

スポーツには怪我がつきものの気がしますが、みんな体重もあるし大きな体がぶつかりあうと怪我の度合いも大きくなりますね。

氷ひやし、痛々しいのに笑顔ですね。

「ファール、ファール、ファール!」ってみんな叫ばないんですか!?(笑)

こばさん

ありがとうございます。
父親は自分が正しい、正常だと思ってますから。
まず虐待を虐待と認めてませんし。
父親の方がいい方向に向かえば全てが解決するのに・・・。

私もね・・・伝えられないって言うより伝えたくないかも・・・と思っちゃいました。

妻ちゃん

うん、そうだと思う。
特に母親の事をね。
MMくんの家は出勤途中にあるし、毎日会えるからそう言う意味ではいいんだけど。

私も治療すれば治る可能性があったんでは・・・と思うけど、多分金銭的な問題だと思う。
スカラを取れなければ大学に行くのにかなりの出費じゃない?
お兄ちゃんが大学を卒業し、2年後には双子ちゃん。
スカラを取れる活動はしてないしね。
それにママは学業が何より大事、と思ってた人だからさ~。
本当に保険制度、どうにかして欲しい。
お金がない人は命を諦めろ、って言ってると同じだもんね。

小父さん

タンパベイインフェルノ、もともと強いチームだったんですよ。
数人が上のチームに移動した、とうちのレクちゃんママに聞き(レクちゃんはタンパベイインフェルノから移動して来たんで)、丁度今のCFEの状態です。

ケガがあるのはしょうがないですが、大けがにならないでよかったです。

叫んでますよ~!!
レフリー、ちゃんとしろ!とも叫んでます。

No title

M君、お帰りなさい。
これからも試練は残っているだろうけれど、君は一人じゃない事を、よーく心に刻んで欲しいですね。
そしてM君ママ、
子供の事でつまづいた時に、
貴女は頑張ってるよ、良いお母さんだよ。
って誰かに言って貰って救われる事は確かにある。
そんな素晴らしい友達がいて、良かった〜って思って欲しいです。

病気を知らせないで逝ってしまったB君ママ、
子供達に身をもって深い愛を示しても、
いなくなったらどうにもならん。
子供を愛してくれるママは、ただ居るだけで良かったのに。。。
ママも葛藤があったのでしょうね。
厳しい現実に、
他に道はなかったのかな?と考えると虚しいです。

pcommeparisさん

ありがとうございます~。
Mくん、戻った日は本当に嬉しそうで、チャーはMMくんちに泊まりたかったけど、翌日学校でしたしね。

Mくんママも普段から一生懸命すぎちゃって、だから余計Mくんの事で迷いも出たんだと思います。

確かにいなくなったらどうにもならん!ですが、これは妻ちゃんがコメントしてるよう、アメリカの保険制度が招いた悲劇だと思います。
ママは子供を大学まで行かせるのが必要だと考えてたんで、その費用を先に考えたんじゃないかな、と。
でもそんなのはどうにでもなっただろうに・・・とも思います。
プロフィール

ree

Author:ree
FC2ブログへようこそ!

ランキングに参加してます
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 banner_21.gif c_03.gif
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お勧めサイト
NZへの留学なら
20140901141154bda (Custom)
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR